テーマ:健康増進外来

秋田大学中村順子先生と秋田で。

今日は、秋田大学中村順子先生のお招きで、秋田市で健康増進外来について講演し、聞き書きについて対談をさせていただいた。 とても楽しい時間になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山岸暁美さんが見学に

8月11日山岸暁美さんが川越正平先生のご紹介で二日間の日程で見学にこられた.  8月11日は健康増進外来,物忘れ相談外来,8月12日はフットケア外来を見学の予定.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星野奈津子先生が研修に

8月18日,佐久穂町田辺診療所の星野奈津子先生が健康増進外来の見学に来られた.夕方に少し時間があったので,観樂樓フラワーガーデンで撮影を行った.  星野先生は母乳支援を行う中で,方針を押し付けないで当事者を支援することの大切さに気付かれました.そして,生活習慣病などの内科診療にそのことが欠けていると思い当り,新しい外来を模索して健康増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畠山貴江のストーリー

京極町での4/13の勉強会で畠山貴江さんが話したこと. 背景には北上川に架かる橋のスライドショー. 事前にリハーサルを行い,よく知っていた内容だったにも関わらず,会場では気持ちが熱くなってしまった. みなさんこんにちは。はじめまして。 私は、藤沢病院看護師の畠山貴江と申します。 藤沢病院で現在は病棟看護師をし、毎週火曜日は健康…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仕事で帰りが遅くなった時の楽しみは?

 この連休は,久しぶりに集中して勉強をしてみた.  クリオグロブリン血症  血管内リンパ腫  好酸球性副鼻腔炎  心不全と睡眠障害  実際の症例があり,十分理解できていない.最近の論文を検索してみるとやはり教科書やガイドラインとはずいぶん違う.総合診療を支えるのは豊富な勉強量だと思うが,それも体力が必要だとこの年齢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内分泌糖尿病心理行動研究会でお話しを

4月18日は深尾篤嗣先生のお招きで,岩橋博見先生の座長で健康増進外来についてお話しした. 自治医大の同窓生や以前研修に来られた看護師さんなどの参加もあり,リラックスして話すことができた. 少しでも参考になれば幸いである. 深尾先生,岩橋先生,ありがとうございました. 医療における心理行動科学的アプローチ [ 内分泌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週は大阪で

http://www.nt-shinri-k.net/html/annai.html 今週はいよいよ,大阪で第19回内分泌糖尿病心理行動研究会に参加する. 健康増進外来についてお話しさせていただく予定である. 患者を主役に,行動目標を患者たて,医師と看護師がそれを支援する仕組みである. すぐれている点はこれまでも話し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松嶋大先生が藤沢に遊びに

藤沢病院にご夫婦で長年貢献してくれた松嶋大先生が昨日,藤沢病院に立ち寄ってくれた. 一緒に健康増進外来を構想し,実践し,共著で本も出版した. 現在は中津川病院長として活躍されている. 昨日は午後にゆっくりとたっぷりとお話しすることができた. 訪問診療,病院経営,ナラティヴなど語り合った. ご勤務いただいていた時には,お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月18日は大阪で深尾篤嗣先生のお招きで

4月18日には茨木市保健医療センターの深尾篤嗣先生のお招きで,内分泌糖尿病心理行動研究会で話させていただくことになった. 健康増進外来を立ち上げた直後に,水沢で深尾篤嗣先生の講演を健康増進外来の仲間と一緒に拝聴し,大変感銘した.これが求めていたものだと考え,その後,藤沢にもおいでいただき指導を受けてきた. 健康増進外来は新し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田県にかほ市国民健康保険小出診療所から和田智子先生方が研修に.

今日はにかほ市から和田智子先生ほか看護師2名が健康増進外来の研修に来られた. 病院のご案内は泉田総師長が,健康増進外来の概要は菊地里美看護師が,健康増進外来の診療面は吉田孝司先生が案内してくれた. 和田先生はいつも元気で明るい.この楽しい雰囲気が秋田の国保医療機関をリードしている. 和田先生,ありがとう.
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

十勝毎日新聞社から井上朋一さんが来院

今日は十勝毎日新聞社から井上朋一さんが健康増進外来の取材に来られた. かなり健康増進外来について予備知識があり,問題意識も深く驚いた. 今月から吉田先生に担当していただいている健康増進外来は,今後も見学希望が多く,来年度末には全国10か所ほどで実践されるようになりそうだ.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディカルタウンの自分力-救済の客体から解放の主体へ-が本に

今年2月19日,30年後の医療の姿を考える会で講演をさせていただいた. その会の内容が冊子になった. この会には秋山正子さん,岡本峰子さんから誘われて出かけた. これまで健康増進外来に関連する講演では触れることのなかった,私の心の危機について初めて触れた. 救済の客体から解放の主体へという言葉に誘発されたのだと思う. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週から自治医大附属病院から藤城泰磨先生が研修に

今週から自治医大附属病院から藤城泰磨先生が研修に来られている. 今日は早速,健康増進外来に参加した. 担当の畠山貴江看護師と忘己利他の前で撮影した. 充実した研修となるように,近隣の医療機関の協力も得て,工夫を行いたい.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小宮英美さんが健康増進外来の取材に

昨日から日本放送協会の小宮英美さんが健康増進外来の取材に来られた。 患者、スタッフ、診察風景などを取材して帰られた。 聖マリ大の箕輪先生の紹介である。 健康増進外来の輪が広がるといいな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深尾篤嗣先生の論文に健康増進外来が

月刊「糖尿病」の特集「糖尿病患者の心と体-心理行動科学的アプローチによる治療戦略、14:日常診療に心理行動科学的アプローチを導入するコツで深尾篤嗣先生が、藤沢病院の健康増進外来を紹介してくださっている。 糖尿病患者に対応する心身医学モデルとして二つのモデルがあるとしている。 糖尿病への適応障害(米国流) 心身症としてとらえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三國陽子さんが牧丘病院から見学においでになる

3月27日火曜日は朝から山梨県の牧丘病院からジャパンハーツの三國陽子看護師が健康増進外来の見学においでになった。 30年後の医療の姿を考える会で聖路加大学でもお会いしたと思う。 写真は健康増進外来について語りあう菊地里美看護師と小野寺管理栄養士。 朝のミーティングには牧丘病院長の古屋聡先生も参加して、ご挨拶をいただいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合司会をされる岡本峰子さん

岡本峰子さんとは昨年の一関での陸前高田市の訪問看護ステーションへの車両贈呈に関連した会食で初めてお会いしたと思う。 その後、猪飼周平先生と藤沢で「対談」する機会をつくっていただいた。 新しい医療のかたち賞でお世話になり、今回は30年後の医療の姿を考える会でお世話いただいた。 個性的な発表者を一つの文脈に整え、時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋山正子さんの運転で東京の中心を疾走する

今回は30年後の医療の姿を考える会の会長としての秋山正子さんに大変お世話になった。 私の記憶では秋山さんと初めて会ったのは、一昨年、盛岡での死の臨床学術集会だったと思う。 「お久しぶり!」と声をかけられたような気がするが、そんな訳はないだ。懐かしい人にあったような気分で、様々本などをいただいた。当日は、私のスケジュール管理の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30年後の医療の姿を考える会で健康増進外来について発表

2月19日に聖路加看護大学 アリス・C・セントジョンメモリアルホールでで行われた、第6回市民公開シンポジウム「メディカルタウンの自分力-救済の客体から解放の主体へ」に参加した。 私は健康増進の外来の取り組みについて発表させていただいた。 会場には大学の同級生や後輩、かつて勤務してくれた仲間、夏の地域医療セミナー参加の学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディカルタウンの自分力-救済の客体から解放の主体へ 準備完了

1週間後に迫った30年後の医療の姿を考える会 第6回市民公開シンポジウムの準備が終わった。 今日はスキーはおあずけである。 いや、エア・ギターならぬエア・スキーである。 写真は糖尿病教室最後の日になった、私が角砂糖に扮してのバーバラ・ウインガードのSUGARのまね。 糖尿病の意味を患者に尋ねる長い旅の始まりとなった。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

30 年後の医療の姿を考える会で講演予定

2月19日に健康増進外来について講演させていただくことになった。 テーマの救済の客体から解放の主体へは壮大で身がすくむ。 私の話はトランペットのファンファーレのような輝かしいものでなく、つぶやくようなクラリネットのようなものになる予定である。 1998年ごろから数年間長くつらい葛藤の時代があった。 医師として患者の生活習…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小原章央先生が支援に

昨晩から、京都大学大学院に在籍中の小原章央先生が、夕張の支える医療研究所の支援で、当院に応援に来られている。糖尿病の研究をされる傍ら、在宅医療にも取り組んでおられるとのこと。 夕張希望の杜の森田先生の同級生とのことで、その縁で応援をいただいている。 今日は早速外来診療を担当していただいた。 小原先生、ありがとう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は県立高田病院から石木幹人先生方が見学に

今日は県立高田病院から石木幹人院長先生がたが健康増進外来を見学に来られた。 石木先生は呼吸器外科医で以前県立中央病院に勤務されていたころ、肺がんの手術で大変お世話になった。 高田では津波の被害を受けながらも、病床再開のめどが付きつつあると聞いて本当にうれしく思った。 また、石木先生のお人柄と推察するが内科医も大勢集まり診療も順…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

内片 健二先生から健康増進外来の本の感想をいただく

山梨県の日下部記念病院精神科の内片 健二先生から健康増進外来の本の感想をいただいた. 先生とは数年間に山梨にお呼びいただき,お話しさせて頂いて以来のお付き合いである. 今回,被災地の心のケアに来られた際に,町民病院にお立ち寄りいただいた. 詳細な感想をいただき,参考になりました. 内片先生,ありがとう. 日下部記念病院の内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

monblueberryさんのブログで健康増進外来の本が紹介される

http://blogs.yahoo.co.jp/hdrdx997/73527.html monblueberryさんは良く存じ上げている先生です。 健康増進外来やそのほか、意見を交換し合っています。 ブログで本を取り上げていただきました。 ありがとうございます。 健康増進外来 理想の糖尿病外来をめざして (単行本・ムック)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more