テーマ:住民

岩手医大で講義

今日は岩手医大1年生に講義。住民と交流する医療のやりがい、楽しさを伝えた。夏の地域医療セミナーと日本国際保健医療学会東日本地方会の案内もすることができた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形県最上町から視察団が来院

山形県最上町から視察団が来院。  町議会、最上病院はじめとするウエルネスプラザ関連職員の皆さん二十九名の皆さんが来られた。  熱心な議論が行われた、みなさんの熱意に驚いた。  わたくしからは、生活モデルの重要性、門前長屋、聞き書きなどを交えてお話させていただいた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第40回ふじさわ地域包括ケア研究会

 昨日、研究会が開催された。  テーマは残薬だった。 藤沢病院での残薬調整の取り組み 藤沢病院薬剤科次長 佐藤正規氏 リリィ調剤薬局薬局長 川村修介氏 在宅介護における薬事情 藤沢訪問看護ステーション看護師長 千葉千代美氏 活発な意見交換もあり、勉強になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回意見交換会開催

第61回意見交換会開催  内容は平岡希生君の研修報告会.  自治医大病院から1か月間研修に来ていた平岡君が明日で藤沢町を離れる.  将来は救急救命,集中治療,麻酔の分やで全身を診て治療を行いたいと抱負を語った.  研修内容は 健康増進,もの忘れ相談外来 フットケア・靴相談外来 ふじの実学園での診療 訪問診療・訪問看護 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸大学から岡山雅信先生と学生が

岡山雅信先生は現在神戸大学教授である. 平成6年頃に当院に御勤務いただいた. 医学部の学生を引き連れて藤沢病院に研修に来られた. 予防,介護と連携する医療の意味と魅力について話した. また,診察室では解決できない問題がたくさんあり,社会的処方やナイトスクールについても伝えた.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天野先生の製本実習

昨日は金沢大学の天野良平先生にお出でいただき,聞き書き本の製本について教えていただいた. 平綴じの利点を生かし,欠点を補う方法を丁寧に指導いただいた. 早速,新たに印刷して,製本してみたい.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天野良平先生と宮澤賢治と集合写真

昨日,天野先生に製本指導を受けた. 天野良平先生を石と賢治のミュージアムにご案内 昨日は昼ごろに講習会が終了したので,畠山貴江さんと一緒に天野先生を東山にご案内した. 宮澤賢治と集合写真を撮影してみたかった.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲川研修医の報告会がにぎやかに

今月,自治医科大学附属病院から研修に来ていた稲川先生の研修報告会が昨日,第54回一関市国保藤沢病院 保健・医療・福祉意見交換会として開催された. 藤沢病院を 地域包括ケアシステムという形で,途切れのない医療.介護・福祉を提供し,住民の安心につながっているとまとめてくれた.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドミニカ共和国の皆さんが藤沢を離れる

2日間の研修を終えて,ドミニカ共和国母子保健研修の皆さんが,先程藤沢を離れた. 住民有志の病院を支える会の皆さんとも交流をして,地元の新聞でも取り上げていただいた. 今日は高木史江内科長を囲んで撮影させていただいた.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドミニカ共和国から研修に

今日はドミニカ共和国から母と子のプライマリーヘルスケア研修で6名の方が来られた.中央政府や地方政府のヘルスケアを担当する公務員である.6名,全員が医師であった. 午前中は吉田事務長から藤沢病院事業全体の説明を行い,午後からは病院を支える会と病院事業の各部署,一関市役所藤沢支所の保健師さんなども参加して,議論を行った. 少子化対策に苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は岩手医大医学部1年生に講義

今日は岩手医大1年生に「住民と語り合う医療」の楽しさ,やりがいを話した. 質問が多くあり,講師控室に来てくれた学生もいた. 忙しい合間を縫っての講義だが,診療とは違った楽しさがある.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤元美のストーリー

京極町で私が話したこと. みなさん,こんにちは.藤沢病院の佐藤です. 今日は尊敬いたしております前沢政次先生にお招きいただき,皆様にお会いできることを大変うれしく思います.今日は私が地域医療で最も大切だと考えている二つのことをお話ししたいと思います.一つは地域と医療の交流やコミュニケーションです.もう一つは診察室の中での医療者と患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畠山貴江のストーリー

京極町での4/13の勉強会で畠山貴江さんが話したこと. 背景には北上川に架かる橋のスライドショー. 事前にリハーサルを行い,よく知っていた内容だったにも関わらず,会場では気持ちが熱くなってしまった. みなさんこんにちは。はじめまして。 私は、藤沢病院看護師の畠山貴江と申します。 藤沢病院で現在は病棟看護師をし、毎週火曜日は健康…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昨夕は病院を支える会の皆さんと温かい交流

昨晩は第50回意見交換会終了後,町内の朋友(ぽんゆう)で病院を支える会の皆さんのご招待で亀田研修医,高木内科長,吉田事務局長と参加した. 藤沢の温かさに浸った1時間であった. 会の皆さん,ありがとうございました.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境を考える農業と医療

この正月に映画「奇跡のリンゴ」を観た. 無農薬栽培に取り組み,自然農法でリンゴを収穫した実話で,本も出ている. 私はリンゴ農家の長男のため,当然関心がある. リンゴカレンダーは1年間に10から12回の農薬散布の目安を示している.無農薬ではリンゴは育たないのが常識である.それを自然農法に挑戦し,長い失敗(11年程度)を乗り越えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月24日は第49回藤沢病院意見交換会

内容は磐井病院からの研修医藍澤一穂先生の1か月の研修報告とWOCナースの佐藤恵利さんからの褥瘡についての解説であった. 磐井病院副院長佐藤耕一郎先生,岩手県議会議員佐々木朋和さんなど多くの皆さんが参加してくださいました.外科医をめざす藍澤先生に質問が多く寄せられた.参加した皆さん,ありがとうございました.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小梨公民館で今年のナイトスクールをすべて終了

今日は千厩町小梨公民館でナイトスクールを開催した.参加者は病院スタッフと役場関係者,研究者が中心で肝心の住民の参加は少数であった.様々な行事と重なったらしい.しかし,少数の参加者でゆったりと意見交換ができるのも楽しい.今シーズンのナイトスクールのテーマは次世代を担う人材育成である.学校関係者,PTAなどにも声をかけたほうが良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏の藤沢地域医療セミナー報告書をいただく

 第4回藤沢地域医療セミナーには富山大学から澁谷法子さんと木村真子さんが参加してくれた.ともに医学部3年である.  総合診療部の山城先生の巻頭言に続いて,お二人の感想文がある.  どのような気持ちで参加し,どのような経験をし,何を考えたが綴られている.    参加するだけでなく成果物として残していく努力は素晴らしい.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は小岩井,風當両先生の研修報告会

昨日は第47回意見交換会が開催された. 今回はお二人の研修報告が中心である. 磐井病院からの小岩井明信先生は,藤沢に来て医師をめざした原点を思い返すことが出来たと感想を述べてくれた. 自治医大病院からの風當ゆりえ先生は地域病院の在り方を考え,ナイトスクールに参加できないことを残念に思っていると述べてくれた. 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い医療とは何か?自治医大1年生と考えた その3

 「医師にも一人前ではない時期がある」という言葉が印象的でした.医師をめざす私としては,経験を積んで,腕を磨くというプロセスは当然のことと思っていたが,医師をめざしていない人にとっては,当たり前ではないことを実感した.このギャップを埋めるためにコミュニケーションが必要だなと思った.  医師は住民に対して教えるという立場よりも,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い医療とは何か?自治医大1年生と考えた その2

地域医療は住民も力も必要なのだと実感した.住民が持っている能力や気持ちを上手に活用することで,その地に合った医療をつくり上げられることを知った.だからナイトスクールや車座になっての意見交換は医療者側と住民(患者)との認識の違いを埋める良い機会となり,相互理解が深まるだけでなく,コミュニケーションもとれるなあと思った.卒業して岩手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い医療とは何か?自治医大1年生と考えた

去る10月1日自治医大1年生と良い医療とは何かを医療医学入門で議論したが,その感想が送られてきた. 全員の感想を紹介したいぐらいだが,一部にとどめたい. また,意見を書いてくれた後輩の名前も紹介したいが,これは許可を得ていないので匿名にする. 来年もし講義をする機会があれば事前に了解を得て学生の名前も紹介したい. 医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回を迎えたふじさわ地域包括ケア研究会

去る10月17日にふじさわ地域包括ケア研究会が開催された. 会長の高木史江先生が三重大学に出張のため,私が挨拶をさせていただいた. 今回はテーマを「介護保険をもっと知ろう②-いろいろな入所系サービス-」として,グループホームひまわり畑の千葉弥生さんはじめ,藤沢病院事業のグループホームやまばと,老健ふじさわ,特養光栄荘の担当者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小中学生へのアンケート 未来の藤沢病院 驚くべき内容

10年後の藤沢病院について,将来を担う小中学生にアンケートを行った. 対象は藤沢地域の小学5・6年生118/130人と中学1・2年生132/139人である. 改善してほしい点として,さまざまな意見があったが,やはり待ち時間についての改善希望が多い. また,待合室が暗い(節電中)も多く挙げられる. 子どもが遊べる病院と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20周年記念集会 交流会 その2

一関市議会の皆さんも参加してくださいました. 磐井病院から研修に来ている小岩井先生です. 自治医大附属病院から研修に来ている風當先生です. 病院のスタッフです. 実行委員として活躍してくれた畠山貴江さんです.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20周年記念集会 交流会

 交流会は縄文ホールと同じ建物の中にある視聴覚室で行いました.  食生活改善委員の皆さんががんづき,漬物,リンゴ,飲み物を用意してくださいました.短い時間,ノンアルコールでしかし大勢の皆さんが参加してくれました.    田代副市長が交流会まで参加してくださいました. 千田博さんです. 佐藤辰吉さんです. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パネルディスカッション「藤沢病院を支える住民 これまでそしてこれから」

 パネルディスカッションは  座長 私  進行 高木史江先生  助言者 大本圭野先生  パネラーは  三浦秀和さん 藤沢地域小・中学校PTA連合会長  千葉とき子さん 藤沢町女性組織連絡会議会長  千田 博さん 藤沢町自治会協議会長  佐藤辰吉さん 一関市老人クラブ連合会藤沢支部副支部長 の4名にお願いした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more